特定支出控除とは?



◆「ねぇねぇ!ボク5年前までの確定申告したお金がかえってきたんだよ!」

そっか、よかったね!やっぱり確定申告は「お金の知恵」のカタマリみたいなモンだもんね!

「もっと他にもないかな?」

よし!じゃあ、今日はもうひとつ確定申告の「知らソンの知恵」を説明するね!

「あ…でも、税金のお話ってムツカシいんだよね?」

ううん!このお話はそうでもないんだよ! そこで・・・


 その名も「特定支出控除」 
えーと、前に説明した税金の額がどう決まるかっていうお話覚えてるかな?
うん、カンタンにいえば 一年間に稼いだお金からまず、「いろんな割引」をして その残ったお金に税率(消費税でいう5%。)をかけて決まるんだったよね。
で、その「いろんな割引」の中で一番はじめに割り引いてくれるのが「給与所得控除」っていうモノなんだ。
これは一年間に稼いだお金の必要経費の分を割り引いていてくれてるんだけどね、実はこれって 「平均的にはこれぐらい使ってるんじゃないかな?」ってカンジで金額が決まってるんだ。
ということは…。うん、中には「ボクはもっといっぱい必要経費をつかったよ!」ってひともいる かもしれないってことだよね?そこで登場するのが 「特定支出控除」なんだよ!
これは、 「もし決まってる必要経費(=割引)より実際の必要経費のが多ければ、 確定申告のときに言ってくれれば税金を割り引きますよ」 っていうものなんだよ。
つまり、もしそうならより税金の節約になるってことなんだ!

※何が必要経費になるかはコレを見て判断してね!
(1)一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出

(2)転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出のうち一定のもの

(3)職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出

(4)職務に直接必要な資格を取得するための支出

(5)単身赴任などの場合で、勤務地と自宅の間の旅行のために通常必要な支出のうち一定のもの
「google」でサイト内検索ができるよ!
●その他の知恵●
お金の知恵の検索だよ!
Google
Web shirason.net

トップお金の知恵>特定支出控除の知恵
お金の知恵トップへ


(c)2004 kuppo[project]