●確定申告節税節約の基本。税金は一番お金の知恵がつまってるんだよ!
節税、節約、保険などのお金の知恵を紹介
節税の知恵保険の知恵ウラ技・節約の知恵
病気・ケガの知恵住まいの知恵その他の知恵

メイン Homeお金の知恵お金の辞書問い合わせ

トップお金の知恵節税の知恵>確定申告の知恵
節約から 〜節税の知恵〜 節約から

確定申告は節税の第一歩!

節税 ねぇねぇ、税金って 一生で一番高い出費とも言われるって知ってた?だったら確定申告で返してもらえるものは返してもらいたいよね!
確定申告 「う〜ん、でも税金の話ってなんだかフクザツで…。」
節税 う〜ん、確かに税金っていろいろあるからややっこしいよね。
でもね!ということは逆に考えるとそれだけ節税のことを知らない ってことじゃない?だから、知らず知らずのうちに節税を逃しちゃってるかもしれないんだよ。 ね、でっきるだけ分かりやすく説明するから一緒に勉強しようよ!
まずはこんな人が確定申告するとトクする!
●年の途中で退職をしたひと ※右のミニ知恵を見てみてね!
●年間103万円以下の収入だった
●医療費が10万円以上かかった(家族も含めて)
●災害で家に損害が出た。
●マイホームを買った、増改築をした。
●公的な団体に寄付をした

次に確定申告で得する場所を探し出そう!
●うん、税金の計算の仕方っていうのはこんなカンジで計算されてるんだよ。
儲けたお金
10種類のジャンルに分けて金額を計算する
利子所得 銀行が納税するのでここではムシしていいよ。
配当所得 もらった金額−株などを買うためにした借金の利子
不動産所得 売った金額−経費(つまり利益の部分)
事業所得 儲かった金額−経費
給与所得 お給料・ボーナス−給与所得控除
退職所得 (退職金−退職所得控除)×50%
山林所得 儲かった金額−経費−50万円
譲渡所得 売った金額−(それを買った金額+売るときの費用)−50万円※所有期間が5年超の場合は1/2
一時所得 (儲かった金額−儲けるために使ったお金−50万円)×50%
雑所得 儲かった金額−経費(国の年金の場合は公的年金等控除)
                    ※クリックすると説明がでるよ
↓             ↓
分離課税
家・建物・株を売った
山の木を売った
退職金をもらった
これらは個別に計算して税金の額を決めるんだよ。
総合課税
分離課税以外のジャンル全部を足す
ただし、不動産・事業・山林・譲渡所得で赤字が出た場合は損益通算(他の黒字から引ける)ができるんだよ。


           ↓


所得の控除(割引)をする
雑損控除 災害などで損害が出た場合
医療費控除 医療費がいっぱいかかった場合
社会保険料控除 社会保険料をはらった場合
小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済の掛金を払った場合
生命保険料控除 生命保険料を払った場合
損害保険料控除 損害保険料を払った場合
寄付金控除 公的団体に寄付をした場合
配偶者控除 配偶者の収入が103万円以内の人
配偶者特別控除 配偶者の収入が141万円以内の人
扶養控除 扶養家族がいる人
基礎控除 全員が受けられる控除
老年者控除 税金を払う人が65歳以上の場合に50万円控除
寡婦控除・寡夫控除 配偶者を亡くした人が受けられる。27万円 or 35万円。
障害者控除 税金を払う人・配偶者・扶養家族が障害者の人の場合。特別障害者は40万円、その他は27万円。
勤労学生控除 アルバイトの収入が130万円以下の学生さんの場合
税率をかけて税金の額を計算する
●ここまでで計算して残った金額に税率(消費税の5%の部分だね。)をかけるんだよ。
残った金額税率控除額
330万円以下10%ナシ
〜900万円20%33万円
〜1800万円30%123万円
それ以上37%249万円
税額の控除(割引をする)
配当控除株とかの配当をもらった人
外国税控除外国の所得税を払った人
住宅ローン控除新築の家を買った、増築・改築をした人
定率減税上で残った金額に税額の20%の控除ができるんだよ。ただし、限度は25万円まで。

払わなくちゃいけない税金の金額
●つまり、実際に払った税金がこの金額より多かったら、お金が戻ってくるんだよ。
|おさらい|
●税金の控除ができる場所は大きく分けて2つ!「所得控除」と「税額控除」の部分だね。それから、 持ってる期間で1/2になる「譲渡所得」、あとは損益通算ってのも知っておいて損はしないよね。


トップお金の知恵節税の知恵>確定申告の知恵
確定申告の
mini知恵(1)

多く払った税金を返してもらえるのは5年前まで。昔の分の申請はいつでもできるんだよ!
確定申告の
mini知恵(2)

お給料からの源泉徴収は「この人はだいたい1年間でこれぐらい収入があるだろうから、毎月これぐらい払ってもらおう」って計算してるんだよ。だから、年の途中で退職した人は予想された収入が減ってるのに多めに税金を払ってるので確定申告するとお金が戻ってくるんだよ。
確定申告の
mini知恵(3)

サラリーマンの経費にあたる給与所得控除には特例として、実際の経費の金額を控除できる特定支出控除っていうのがあるよ。
確定申告の
mini知恵(4)

離婚をするときの財産分与の所得は、もらった人→基本的に非課税・あげた人→譲渡所得として課税されるんだよ。










確定申告の
mini知恵(5)

災害で被害が出た場合は、雑損控除の他に 「災害減免法」っていうのがあるので、どっちが得になるかを計算してから確定申告したほうがいいよ!



確定申告の
mini知恵(6)

扶養控除は一緒に住んでる人ってわけじゃなくて、一緒に住んでなくても仕送りしてたりしてればOKなんだよ!これを「生計が一」っていうんだ。学生さんの下宿なんかがこれにあたるんだよ。


確定申告の
mini知恵(7)

老年者控除と寡婦(夫)控除は一緒には控除できないので注意が必要だよ!
確定申告の
mini知恵(8)

定率減税は景気対策として導入されたんだけど、政府は2005年度分は半分に・2006年度分からは廃止する方針なんだよ。

「google」でサイト内検索ができるよ!
●その他の知恵●
お金の知恵の検索だよ!
Google
Web shirason.net
お役立ち
ジャパンネット銀行
その場で銀行残高からお買い物ができる「J-Debit」が注目されています。

イーバンク銀行
高金利が好評のネット専業銀行。ATMからの引落としも無料


(c)2004 kuppo[project] All Rights Reserved.